ワンチャン・ユーちゃん バックパック日記

大学生の旅をしない旅ブログ

NEPAL③ 村へ移動

前回までは首都カトマンズの内容を書きました。

今回からはカトマンズから車で5,6時間の村の内容に入ります。

今回はその移動を書こうと思います。

 

 

 

朝10時前にホテルを出発。

今まで朝寝てばかりだったからこの時間でもきつい笑

 

すぐに渋滞に引っかかりました。

 

渋滞
f:id:percsky1222:20180922091022j:image

 

砂埃や排気ガスがひどいので、窓を開けると喉がすぐに痛くなります。

 

まわりの車を見ると古い車ばっかり。

ぶつかりそうな運転の粗さや砂埃を考えるときれいな車をここに持ってきたいという気持ちは出ないですね笑

 

 

村へはボランティアの為に行きます。

Goingという国際協力学生団体です。

 

車内の様子
f:id:percsky1222:20180922091317j:image

 

シュリークリシュナ学校へ本と本棚を寄付しに行きました。

 

 

途中、本を買うためにちょっと大きい町へ。

 

本を買った町
f:id:percsky1222:20180922091435j:image

 

我ながら上手く写真を撮れたと思います笑

かなり高度が高いので空が近く感じます。

 

さて、本屋へ。

事前に本のリストを送られて、それの確認をしてくれました。

 

本屋
f:id:percsky1222:20180922091627j:image

 

1階が普通の本屋で、種類や数はかなりありました。

日本の小さな本屋さんレベルです。

 

 

本屋を出て村へと向かいます。

 

道路整備が全くできていないのと、雨が降ったところに大型トラック、バスが頻繁に通るので、村に近づくにつれ道がガタガタになっていきます。

なので、ハイエースを降りて家畜用トラックに乗り換えます。

 

その前に一旦、レストランで休憩。

 

レストラン&売店
f:id:percsky1222:20180922092018j:image

 

ここのママがめっちゃ優しくて居心地良かったです。

写真の端を見てくれれば分かるのですが、道の凹凸が考えられないレベルであります。

 

 

そうこうしていると、家畜用トラックがやってきました。

 

家畜用トラック
f:id:percsky1222:20180922092152j:image

 

ここに本棚と本を積んで人もここに乗ります。

乗り心地は、安全ベルトのないジェットコースターです。

実際、山の斜面を通るので本当に落ちて亡くなる方もいます。

これがネパールの現実です。

 

劣悪な道路
f:id:percsky1222:20180922092413j:image

 

去年行ったときはここまで酷くなかったのですが、雨が降ったせいかガタガタベチャベチャで相当揺れました。

捕まっていないとすぐに落ちちゃいそうです。

 

こんな感じで1時間弱、家畜用トラックに乗るとシュリークリシュナ学校へ着きました。

 

学校へ着く寸前の景色
f:id:percsky1222:20180922092645j:image

 

山の上(標高2,000m以上)に学校はあります。景色がとても綺麗で、晴れた日には星がものすごく綺麗に見えます。

 

次回は学校で行った事や子どもたちについて書こうと思います。

 

最後にこの否撮れた最高の写真。

 

村と太陽
f:id:percsky1222:20180922092834j:image

 

 

√羽田行きの飛行機を待ちながら