ワンチャン・ユーちゃん バックパック日記

大学生の旅をしない旅ブログ

NEPAL11 ネパールで体調不良! 海外で入院!?



さて、ポカラでのほとんどの予定を終え、後はラフティングのみ!

ですが、起きてからお腹の調子が良くない、、、
まあいつものお腹が緩くなっただけかと思い出発準備。
ロビーでチェックアウトして、さあ出発!


ってところで急に吐き気が。
トイレに駆け込み戻しました。



海外には何回か行ってるんですが、こんな状態は初めて。
出発するしかないんでとりあえずバスに乗りました。

すると、女子二人も僕と同じ状態。



これはまさか!!!


何かに当たった可能性が。


この時は少しだけ元気があったので話してみると、昨日のディナーでアイスティーを飲んだ3人でした。
恐らく、アイスティーに水道水が入っていたのか、水道水で作った氷が入ってたのだと思います。


日本ではほとんどの地域で水道水が飲めるほか、家で氷を作るのも水道水でする人が多いと思います。


ですが、海外では水道水を少しでも飲んだら大変なことになります。




とりあえず、バスでラフティング場まで行くことにしたんですが、すぐに休憩してトイレに行かなければならない状態。

カトマンズだったらすぐに病院に行けるのですが、ポカラを出ると山の中で、病院どころかトイレもまともに無い場所でした。(ラフティング場はポカラとカトマンズの中間です)

そんな状態の中、体調崩してた女子のうち一人はすぐに回復しました。

ビオフェルミンを日常的に飲んでたらしくその効果が出たそう。
僕も飲んでおけばよかった。


トイレを見つけては休憩し、急に吐きそうになったら道草の中で、、、って感じを2時間くらい過ごしました。


もう限界がきて、途中の小さな町で一室借りてもう一人の人と長時間休憩することに。


その間、恐らく40回は嘔吐したと思います。

ネパールの水道水恐ろしい、、、



このままでは脱水症状になり、更に危険な状態になるので無理矢理でも水を飲みました。

でも体は受け付けなくて、飲んだら吐く、吐いたら飲むの繰り返しに。
この時はまじで生きてる心地がしなかったです笑

殺してくれ、、、

そうも思い始めました。


たまたま、医学部の先輩が一緒にいてくれたので、アドバイスをもらいながら回復を待ちました。




海外行く人でこんな状態になったら覚えていてほしい。


・絶対に保険証書を携帯しておく!
 (なくても保険使えるが、電話する時に楽。死にそうなときに面倒な事は避けておきたい。)

・薬は極力飲まない!

・とにかく飲んで吐く!
 (吐いていけないものを体から出します。)


この3つを覚えていてほしいです!

とにかく吐きまくったおかげで、死にそうな症状は病院に行かなくても一日でだいぶ楽になりました。(完全に回復するまでには数日かかりましたが、、、)




これがネパールで、いや海外で最も大きかった事故です。



とにかく死にそうだったんで、写真もなくてすみません。
一人旅でこんな状態になってたらこんな簡単に回復しなかったと思います。

看病してくれた人にめちゃめちゃ感謝でした。


安い!簡単!便利!台湾現地空港Wifiカウンター業者です【Funwifi】

こんな感じでポカラは終わり笑。

ラフティングせずにカトマンズへ帰りました。




次はカトマンズでのホテルやその周辺について書きたいと思います!


√カラオケで俺上手くなったなと思いながら