大学生の旅をしない旅ブログ

学生中にヨーロッパ2ヵ国、アジア8か国、オセアニア2ヵ国訪れた経験を

海外で格安にネットを繋ぐ方法

 

 

日本ではスマホ依存症。

ラインやインスタなどのSNSに繋がっていないと不安。

YouTubeでいつも動画を見ている。

 

そんな方は多いんじゃないでしょうか?

 

海外旅行だ!!!

ってなった時に、ネット環境について知りたい人はほとんどだと思います。

 

そこで今回は東南アジアに行くときに格安でネットを繋ぐ方法を書きます!!!

 

ちなみに一週間程度の滞在として考えております。

 

 

 

0円

海外旅行でお金かけるとこは食事やホテル!!!

海外行ってまでネットなんか必要ない!!!

 

って人もいると思います。

異文化体験をしに行っているのだから、携帯を見るのは必要ないってのも分かります。

 

ですが、緊急事態や家族と連絡を取る必要もある時があります。

そこで0円でネットを繋げるのか!?

 

 

結論から言うと、、、

繋げます

 

方法は公共Wi-Fiやお店のWi-Fiです。

 

東南アジアのカフェやレストランにはほとんどの店がフリーWi-Fiを持ってます。

空港やホテルにも。

それはタダの事が多いのでそれを利用しましょう!

 

店員さんに、「Do you have Wi-Fi?」と聞けばパスワードを教えてくれます。

ちなみにネパールではすごく簡単なパスワードが多いので(123456, abcdefなど)、聞かなくても分かるかも(笑)

 

安全性はおすすめしませんが、とにかくタダなので使っている人は多いです。

また、これから紹介するSIMカードやWi-Fiルーターを持っていく人もデータ使用量の節約のため、Wi-Fiがあるお店では使うのがオススメ!

 

空港とかはアカウント登録が必要なことが多く、地域によっては英語と現地語しか対応してない所もあるので事前に調べておいてください。

 

 

 

1,000-5,000円

このくらいの金額はネット代に使える!って人は、、、

 

SIMカード がお勧めです!!!

 

これはコスパが最強だし、内蔵式なので持ち運びに困ることもない。

海外でネットを使う際最もお勧めできる方法です。

 

 

SIMカードって何?

って思う方もいると思います。

SIMカードは携帯に差し込んで回線を使うカード。

 

普段日本では、契約してる回線のSIMカードが入っていてそれを使っています。

ですが、海外でそれを使うとかなりの高額に!(高校の先輩で200万円近く請求が来た人がいるそう、、、)

 

ですので、現地の回線を期間限定で使えるようにSIMカードを使います。

 

利用する方法は大きく2つ。

一つは、日本にいるうちにAmazonや楽天でSIMカードを購入し接続。

2つ目は、現地に行ってからSIMカードを購入し接続。

 

 

一つ目について解説します。

SIMカードは通販サイトでたくさん売られています。

その中から自分が行く国に対応してるSIMカードを探しましょう。

 

中には、アジア周遊のものもあるのでこれがお勧め。

直行便で行く人はいらないかもしれないですけど、乗り継ぎで行く人はトランジットの時間にも使えます。

空港にWi-Fiはありますが、アカウント登録が必要だったり繋がらなかったりで不安も大きいのでSIMも使えるって状況にしておくのが便利です。

 

僕がお勧めするSIMカードはこちら!

使える国が多い点と安い点でお勧めです。

 

 

アジア周遊用 SIM プリペイド SIMカード AIS 8日間 データ容量4GB

価格:2,730円
(2019/2/12 14:09時点)
感想(1件)

また日本でセットアップすることも可能なので、日本にいる時から使用できます。

 

2つ目の現地で購入する方法。

こちらは高くついたり日本語以外で買わなければならない点がデメリットですが、店員さんがセットアップしてくれるので携帯操作を苦手としている人にお勧め。

 

空港にSIMカードショップがあるのでそこで購入できます。

町で購入することもできますが、それまでの間ネットが使えなかったり、騙されて高額な金額を請求される場合もあるので空港で買うのがいいでしょう。

 

 

ただ、SIMカードの注意点として、

・SIMフリーの携帯以外は使用できない

・電話番号が変わる

があります。注意しておいて下さい。

 

僕がタイのスワンナプーム国際空港でSIMカードを購入している時、SIMフリーではないiPhoneを持っててSIMカード使えないって人もいたんでこれは要注意です。

 

 

 

5,000-10,000円

それはWi-Fiルータです!

これは一番安全。

電話番号も変わることもなければ、複雑な操作も必要なし。

 

今ではイモトがCMに出ているのが有名でしょう。

他にも台湾専用のWi-Fiルータとかあるので是非探して見てください。

 

イモトのWi-Fi

早割等もあるのでこちらをクリックして、よければ使ってみて下さい!

 

 

台湾専用のWi-Fiルータ

 

台湾現地空港Wifiカウンターで受け取れる!【Funwifi】

 

 

Wi-Fiルータのデメリットといえば、持ち運ばなければならない点。

常に携帯しておくのも面倒ですし、無くす可能性もある。

そこは注意点ですね。

 

Wi-Fiルータは現地でも借りれたりできますが、日本で借りておくほうが安いので予め準備しておきましょう。

 

 

 

まとめ

・ネットにお金を使いたくない方はフリーWi-Fi

メリット→無料

デメリット→パスワードを聞かなければならなかったり、アカウント登録が必要な場合も。また、安全性にかけている。

 

・1,000-5,000円程度なら大丈夫な方はSIMカード

メリット→安い。持ち運び必要なし。

デメリット→操作が必要。電話番号が変わる。

 

・5,000-10,000円使える方はWi-Fiルータ

メリット→安全。

デメリット→高い。持ち運びが必要。

 

 

こんな感じです!!!

他にも携帯会社の海外プランとかもありますが、これは利用できる人が限られるので割愛しておきます。

ちなみに、auは月に1日だけ海外プランを無料で使えるってのがあったはずなのでauの人はチェックしておくのもいいと思います。

 

 

もう人間にとってなくてはならないネット。

海外旅行に行かれる方はこの記事を是非参考にして下さいね!

 

√バイトまで時間があって暇を持て余しながら