ワンチャン・ユーちゃん バックパック日記

大学生の旅をしない旅ブログ

アジア各地への乗り継ぎで使う空港 タイとマレーシアのトランジットでビザはいるのか!?


f:id:percsky1222:20190726212347j:image

東南アジアや南アジアなどに行くとき、トランジット(乗継)でよく使う国はどこですか?

 

恐らく、タイとマレーシアって答える人が多いと思います。

タイのスワンナプーム空港やドンムアン空港、マレーシアのクアラルンプール空港はめちゃくちゃ大きいからです。

 

トランジットの時間は30分などの短い時間もあれば、20時間と長い場合もあります。

少しの時間なら空港内で食事をしたり、ショッピングを楽しんだりでいいと思うのですが、長くなると外に出たいですよね。

入国した証の、パスポートのスタンプもどうせなら欲しい。

 

そうなると気になるのはビザ。

 

就労や留学で入国する場合はどこの国でもビザが必要ですが、数時間の滞在でビザは必要なのか。

トランジットでよく使うタイとマレーシアの2ヵ国を調べていきます。

 

 

 

 

タイ (スワンナプーム空港・ドンムアン空港)

タイのバンコクにある大きな空港は2つあります。

大手やフラッグキャリアが使用するスワンナプーム空港と、LCCが使うドンムアン空港です。

 

どちらも電車やバスでバンコク市内まで簡単に行くことができ、7~8時間のトランジットであれば十分に遊べると思います。

 

それでは、このような超短期滞在で観光ビザは必要なのか。

 

不要です。

 

日本のパスポートを持っていれば、30日以内の滞在であれば不要になります。

出国審査や入国審査は当然必要になりますが、ビザの申請は一切必要ないです。

 

 

マレーシア(クアラルンプール空港)

クアラルンプール空港はアジア最大のハブ空港で、アジア各地への乗り継ぎで使われます。

市内へ電車で行くことも出来ますし、空港近くにイオンやアウトレットもあるので近くでも十分楽しめます。

 

こちらの空港に関しては、空港が大きすぎて数時間のトランジットなら空港内でも十分時間をつぶせると思いますが、せっかくならスタンプが欲しいですよね。

 

マレーシアに数時間滞在するだけで観光ビザは、、、

 

不要です。

 

日本のパスポートを持っていれば、90日以内の滞在であれば不要になります。

出国審査や入国審査は当然必要になりますが、ビザの申請は一切必要ないです。

 

 

まとめ

タイとマレーシアでのトランジットで入国する場合はビザは必要ありません

ただ、日本までの帰路の航空券を提示しなければならない場合もあります。

そこだけ気を付けて下さい。

 

数時間のトランジットでもタイやマレーシアの雰囲気を感じることが出来ますので、行かれる方は楽しんでみてください。

 

√結局ホテルバイト続けて、休憩しながら