大学生の旅をしない旅ブログ

学生中にヨーロッパ2ヵ国、アジア8か国、オセアニア2ヵ国訪れた経験を

ネパール航空の成田線が就航したら関空線は運休するだろう

f:id:percsky1222:20191004213240j:plain

ネパール航空についていくつか記事を出してきました。

そのネパール航空がようやく8月29日に関空ーカトマンズ線を就航させたのですが、その後も問題が山積みだそうです。

 

まず、ネパール航空の関空ーカトマンズ線の搭乗率がものすごく低迷しているそう。

記念すべき初便はたったの90名しか乗客がいなかったそうです。

初便といえば、ANAのホノルル線のフライングホヌのようなメディアがたくさん取材して、キャンセル待ちが絶えないというイメージです。

しかし、ネパール航空の関空ーカトマンズ線の初便は空席が目立つものに。

なんだかネパール航空がかわいそうです。

 

このように搭乗率が低迷しているせいで、週3便を予定していたのが週2便と減便することになりました。

搭乗率が改善されれば週3便に戻すそうですが、恐らく無理でしょう。

 

8月は搭乗率30%を超えているフライトもあったのですが、9月は一度も30%を超えませんでした。

減便したにも関わらず9月に1度も搭乗率30%に届かなかったのは痛い。

このままのペースでいくと運休ということもありえる、、、

僕はネパールが好きなので運休にはなってほしくないな。

 

 

そこで、2020年1月1日に就航予定の成田ーカトマンズ線はどうなるのかって話です。

考えに考え、困りに困ってようやく復活できた関空線がこのざまでは成田線は絶対といっていいほど延期されると思います。

成田の方が搭乗率は上がりそうですが、関空と成田どっちも持っているというのは難しい。

もし成田線が実現してしまったら関空線の搭乗率はもっと低くなると思います。

成田線が就航するということは関空線が運休になるということを意味すると僕は思っています。

 

フライト検索はスカイスキャナーで!

 

√初めて海外で映画を見て全く内容が分からなかったなと思いながら